Skip to content

ティーサーバーを使っておいしい紅茶をいれる方法

みなさんはコーヒーや紅茶などをいれるとき、ティーサーバーを使いますか?このティーサーバーをつくメリットは、来客などまとめてお茶を入れる時に便利ですし、またティーバックを使ってお茶を多めに作りたいときに、長く時間をかけて抽出するので、お茶のうまみ成分が均等になり、カップの数が多くても、すべてのカップに均等においしいお茶をいれることができます。それでは、ティーサーバーを使っておいしい紅茶の入れ方とポイントをご紹介しましょう。まず紅茶には軟水で作るのが一番おいしいとされています。日本の水のほとんどは軟水ですから、紅茶向きといえるでしょう。

お湯の温度は100℃直後のものがよく紅茶のうまみ成分がよく出るとされています。 紅茶を入れる時にサーバーや陶器製のポットを使うわけ、それは紅茶にふくまれる「タンニン」という成分にあります。たとえば鉄分を含む、金属製のポットではこの「タンニン」が鉄分と化合し、紅茶の香りや味を損なってしまうばかりか、紅茶の色を黒っぽく変色してしまいます。あと紅茶をおいしく入れるためには、サーバーやカップなどにお湯を注ぎ、あらかじめ温めておきます。

沸騰したてのお湯を勢いよく注ぐことで、成分が出やすくなります。そして蒸らす時間は茶葉の大きさや細かさによって時間が変わってきます。大き目ですと3~4分、小さめの茶葉ですと2~3分、お湯の温度が下がらないよう、ティーサーバーのふたはもちろん、そのうえからふきんなどをかぶせておくと保温が保てます。あとは注ぐときのポイントですが、濃さが均一になるようにカップのまわし注ぎをします。

”ベストドロップ”と呼ばれる最後の一滴まで注ぐことがうまみ成分を無駄にしないポイントです!いかがでしょうか?ポイントをたくさんご紹介いたしましたが、普段飲まれているティーバッグでもとティーサーバーを使って、おいしい紅茶を入れてみませんか?

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です