Skip to content

全く新しいティーサーバーのサービス

この現代、街のいたるところで飲料を買う機会があります。自動販売機はその最たるもので、室内にも様々な形態の機器が取り付けられています。自動販売機の形態にはカップ型のものがあり、単に紙コップの中に飲料が注がれるものとなります。メリットを強いて言えば、紙は缶(鉄)よりも熱伝導率が低く、やけどの心配が少ないことです。

自動販売機にちなんで、ティーサーバーと呼ばれるサービスが、密かに販路を拡大させています。これはウォーターサーバーと同じく、専用の機器で水をジョイントされるシステムをとっています。ウォーターサーバーでは、水そのものを湧き出た名水から抽出されていき、それを自宅等に届けるサービスになっています。しかし、ティーサーバーでは水道水を取り付けた機器に注ぎ、内部のろ過フィルターを通じてキレイにする仕組みをとっています。

よって、ティーサーバーのサービスには、サーバー機のレンタルとセッティング用のお茶の販売がメインとなります。セッティングには、粉末状のお茶のもとが入っており、サーバーのキャニスタを開けてからセットするものとなっています。バリエーションも豊富で、煎茶やほうじ茶などの日本茶だけでなく、ウーロン茶やジャスミン茶の種類にまで至ります。この機器については、使用後のお手入れが簡単にすまされる構造となっており、消費電力が極力抑えられたスペックのため、環境にやさしい側面が持たれています。

そのため、ティーサーバーの需要は、ますます伸び続ける傾向にあると言っても過言ではありません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です