Skip to content

焙煎やドリップもその場で行うオフィスコーヒー

OA機器をはじめ何か新しくオフィスに導入をする際には、初期投資の費用が大きくかかりがちです。出来るだけコストを削減したい企業にとって、初期費用が高額になるのは控えたいと考えます。これからオフィスコーヒーをオフィスに導入するなら、初期投資をできるだけセーブできる、一杯抽出型のコーヒーマシンの設置をするのもひとつの方法です。コーヒーマシン設置といってもレンタルで利用ができますし、願い通り高額な初期投資にはなりません。

国内のコーヒー専門店の件数の多さは知られるところですが、日頃から最高の味わいを知っている人が増えただけに、オフィスコーヒーも味に妥協はできないことがあります。本格的な味わいを飲みたい時に叶えられる、一杯抽出型のオフィスコーヒーはニーズに応えることのできるタイプです。すでに作られたコーヒーが容器に入っている、ペットボトルや缶などの味わいとは格段にことなります。抽出が始まるのはカプセル設置でボタンを押してのスタートですので、焙煎もドリップの目の前で行われて、香りも味も文句なしの本格派です。

1つだけに限定している味ではなく、多くの場合は味わいも香りも選択肢を用意しています。飲む人のその時の気分次第で、心にも舌にも嗅覚的にもマッチする、最高の1杯を淹れて飲めるのは、まさに仕事中の至福のひと時です。定期的な清掃をする必要は出てきますが、だからといって機器自体の難しいメンテナンスをする必要はありません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です