Skip to content

脳への覚醒作用で集中力もアップするオフィスコーヒー

やる気に満ち溢れバリバリ仕事をこなす人でも、24時間ビジネスシーンで同じモチベーションを保ち、戦い続けられるわけではありません。人間が仕事などにおいても高い集中を発揮して維持できるのは、実はわずか15分ほどと言われていて、集中持続時間は長くて90分が限界です。本領発揮で仕事に能力を活かすなら、適度な休憩を入れるほうが効率的と言えます。職場での小休憩にも利用できる、オフィスコーヒーの導入は最適な方法です。

少しだけ休憩をとる時に、何を飲むかについては、自由に本人が決めることができます。しかし集中力を高めたい、気分をリフレッシュして、新鮮な気持ちが業務に戻るなら、オフィスコーヒーを選ばない手はありません。既に知られることではありますが、カフェインを含有するのがコーヒーであり、カフェインは様々な良い効果をもたらします。だから休憩時だけではなく、オフィスコーヒーで淹れたコーヒーを自分のデスクに置いて、飲みながら作業をしても構いません。

脳を緩やかに覚醒させるのは、コーヒーに含まれカフェインの働きとして、広く知られていることです。すると集中が途切れそうになり、加えてささやかな睡魔が忍び寄っていたとしても、それらを一斉除去することになります。良い眠気覚ましとなりますし、落ち始めていた集中力まで向上をするはずです。豊かな香りに癒されながら、口に含むと心までホッとする美味しさを味わうことができて、集中力と一緒にやる気まで上がる手助けにもなります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です