Skip to content

オフィスコーヒーを導入する企業が増加

オフィスコーヒーを導入する企業が増えています。会社を来訪する顧客へのもてなしや、社員が休憩時間に飲むために、オフィスコーヒーを設置するところが多くなっているのです。珈琲メーカーといっても様々なものがあります。飲むたびにドリップする形の抽出型から、複数杯を一度に抽出できるブリューワータイプなど、メーカーや機器によって機能が違うのです。

小規模オフィスの場合には、メンテナンスの手間は掛かっていきますが、複数杯のドリップが可能なブリューワータイプでも良いでしょう。多くの人数を抱える企業の場合には、自動販売機同様の使い勝手を誇るオフィスコーヒーを設置するのも良いものです。自動販売機タイプのオフィスコーヒーだと、メーカーが定期的にメンテナンスを行います。社員が清掃などをする手間もなく、常に快適な状態で使えるのです。

機種によっては、珈琲だけではなく、紅茶やジュースなど、様々な飲み物を飲めるタイプもあります。オフィスコーヒーのなかには、月数千円程度の低コストでの導入ができるものもあります。精算時に利用分だけを別に支払えば、少ない予算で本格的な珈琲を社内で嗜めるようになるのです。来客の際に味わい深い珈琲を出せることは、相手に好印象を与えるものです。

社員が休憩時に利用するにあたっても、豊富な種類が飲める自販機型のほうが、毎日の利用にも飽きないものです。来客時の対応から社員の休憩時の利用まで、喫茶店同様の飲み方が可能になります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です