Skip to content

レギュラーコーヒーの淹れ方

レギュラーコーヒーとはどういうものかご存知でしょうか。これは粉をお湯で溶かすインスタントコーヒーとの対比で用いられる言葉で、豆100%で淹れたコーヒーのことを意味します。ですので、ストレートでも複数の種類の豆をまぜたブレンドコーヒーでも、豆100%であればレギュラーコーヒーとなります。また、これは和製英語のため海外では使用されません。

インスタントコーヒーは、お湯を注ぐだけで手軽に楽しむことができますが、香りと風味を失っているのが残念な点です。レギュラーコーヒーを淹れる場合は専用の器具を使用しなければ飲むことができません。では、どのような方法があるか見ていきましょう。まずはペーパードリップ方式。

これは専用の器具に紙フィルタをはめ、そこに粉にした豆をいれてお湯を注ぐ方法です。片づけるときはフィルタを捨てて器具を洗うだけですので、非常に手軽なのが最大の利点です。ただし美味しく淹れるにはある程度の慣れが必要となります。コーヒーメーカーやマシンを使って淹れる方法もあります。

各機種の指定の量の豆と水をセットすると、機械が自動で抽出してくれます。安定した味わいが楽しめるでしょう。サイフォンという専用の器具もあります。ロートとフラスコにより構成され、豆は上部のロートに入れます。

下部のフラスコを熱して沸騰させ、ロート側へと湯を移動させていくことでコーヒーが出来上がる仕組みとなっています。見た目も魅力的な器具のため、人気のある抽出方法です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です