Skip to content

レギュラーコーヒーとブレンドコーヒーの違い

レギュラーコーヒーとブレンドコーヒーはよく聞く言葉ですが、2つの違いを答えられる人はいるでしょうか。レギュラーコーヒーは挽いたコーヒー豆の事です。原材料100%のコーヒー豆が使われています。レギュラーコーヒーというのは和製英語なので海外では使われていません。

ブレンドコーヒーは複数の種類のコーヒー豆が配合されています。それぞれの良さを活かしています。複数の種類のコーヒー豆をブレンドしているので、味や香りのバランスが良いです。産地ごとの違うコーヒー豆の味を活かして新しい風味を生み出す事も出来ます。

その為、味わいの可能性は無限に広がります。ブレンドコーヒーの場合は3種類から5種類のコーヒー豆が配合されている事が多いです。ブレンド比率が30%以上の場合は銘柄の名前で呼ばれます。例えば、モカのコーヒー豆が30%以上の場合だとモカブレンドと呼ばれます。

ブレンドコーヒーは幅広くホット用にブレンドされたコーヒーやアイス用にブレンドされたコーヒーなどいろいろあります。お店によってこだわりのブレンドコーヒーがあるでしょう。家で簡単に飲めるインスタントコーヒーもブレンドコーヒーの1つです。いろいろなコーヒーの呼び方があるので、それぞれの違いを理解するのは大変かもしれません。

ですが、どれもそれぞれの味わいがあるのでコーヒーを楽しめるでしょう。自分の好みのコーヒーを見つけられれば、毎日お気に入りのコーヒーを飲む事が出来ます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です