Skip to content

レギュラーコーヒーとは

レギュラーコーヒーとは、珈琲豆を焙煎したもの及び挽いた状態のコーヒーの事を言います。ペーパーフィルターやネルなどで濾して飲みます。お湯には溶けません。19世紀末にインスタントコーヒーが実用化され、それと区別されレギュラーコーヒーと呼ばれるようになりました。

インスタントコーヒーとは、コーヒーを抽出しそれを乾燥させた粉末状のコーヒーです。お湯に溶かすだけで簡単に飲めます。お湯を注いですぐ飲めるインスタントコーヒーも、おいしく手軽に珈琲を味わえます。ですが、レギュラーコーヒーのフレッシュで豊かな香りと深い味わいも素晴らしいものです。

飲み方が難しそうに思われがちなレギュラーコーヒーですが、意外と簡単に淹れることができますので、是非チャレンジしてみてください。用意するものは、ペーパーフィルターとドリッパー、抽出したコーヒーを受け止めるサーバーです。お湯が注ぎやすいケトルもあれば良いでしょう。ペーパーフィルターの中に計量した珈琲粉を入れ、上からゆっくりとお湯を注いでいきます。

中心部に円を描くような気持ちで注ぎます。この時、お湯をフィルターに直接かけない様に注意して下さい。お湯が粉に当たらず、コーヒーが薄まってしまいます。お湯を注ぐと粉がむくむく膨らんでくるので、その様子を見ながらゆっくりと淹れていきます。

コーヒーをドリップすると、部屋いっぱいにコーヒーの良い香りが充満します。飲むまでに時間がかかってしまうのがデメリットではありますが、淹れている時間でさえ美味しいのもレギュラーコーヒーの良いところでもあります。奥が深い珈琲の味を楽しんでください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です