Skip to content

レギュラーコーヒーについて知ろう

レギュラーコーヒーとは焙煎されたコーヒー豆が100%使用されているということで、レギュラーとは「正式」なコーヒーを表しています。豆のままでも挽いてある粉末でも、混ざり気のないものなら同じ呼び方になるのが特徴です。名称が生まれたきっかけは19世紀末にインスタントコーヒーが実用化されて、広く飲まれるようになり、それまでのコーヒーとくべるするために付けられました。両方の完全な違いは水に対する溶けやすさで、インスタントは完全に溶けますが、レギュラーは完全には解けません。

またレギュラーコーヒーは和製英語ですので、英語圏では日本とは意味合いが異なってくるので注意が必要です。一般的にはホットのブラックコーヒーを指し示すことが多く、ニューヨークやカナダでは砂糖とクリーム入りのコーヒーとなります。地域によって名称は同じでも内容が変わってきますので、海外で使用する時は気を付けてください。コーヒー豆に関しては「ローストコーヒービーンズ」や「コーヒービーンズ」で表されます。

他に知っておきたいことは、レギュラーコーヒーにはモカやキリマンジャロといった産地だけではなく、ブレンドも含まれています。ここにも注意点があり、モカブレンドの場合はモカが30%以上含まれていないと名前が付けられないので、そういったところを覚えておくと求めやすいです。気を付けたいポイントはコーヒー豆は生鮮食品として考えるのが良く、保存期間が長いほど参加しやすいので、買い求めたら早めに飲み切って下さい。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です