Skip to content

オフィスコーヒーには種類がある

オフィスでコーヒーを提供するオフィスコーヒーには、豆の銘柄以外にもマシンの種類が複数あります。一般的な家庭用コーヒーメーカーは、焙煎された豆を挽いて抽出する物や、あらかじめ挽いた状態の豆から抽出する物があり、一度に抽出できる要はあまり多くありません。その点、オフィスコーヒーマシンは一度に多くの量を抽出できる物や、味を損なわない保温が可能な物があり、用途に応じた性能を選ぶことが可能です。また、必要とする量が少ない場合は、準備やメンテナンスが非常に簡単な操作でできる物を選ぶことができます。

オフィスコーヒーは準備する時間も業務時間や休憩時間など限られた時間であるのが特徴なので、簡単に準備から片付けまで行えることも大切です。オフィスコーヒーサーバーは一般的なコーヒーマシンと異なり、コーヒー以外の飲料の準備ができる物もあります。専用のカートリッジやカプセルを利用することで、茶葉から抽出すると時間や手間のかかるお茶も簡単に提供できる機種を選べば、多様なニーズに応えられます。また、多くの人が利用するオフィスや施設内であれば自動販売機を導入して提供することも検討すべきです。

設置場所の確保や定期的な補充などのメンテナンスが必要ではありますが、飲料の準備に労力を必要とせず、衛生的に飲料が提供できるメリットがあります。オフィスコーヒー向けの自動販売機にはスリムな物もあるので、飲料のバリエーションや設置場所のニーズに合わせて検討するのがおすすめです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です