Skip to content

オフィスコーヒーを導入するメリット

オフィスコーヒーをオフィスに導入する最大のメリットには、従業員のリフレッシュを挙げることができます。香りによる気分転換を始めとして、味の違いを楽しめる魅力やカフェインの覚醒作用といったメリットも含まれます。複数の味を用意することで様々な好みに応えられますし、飲み比べたり気分に合わせて選べるメリットが生じます。また、カフェインは集中力を一時的に高めるのに役立つので、仕事が長引いたり集中したい時にオフィスコーヒーがあると頼りになります。

オフィスコーヒーがあれば、公然とコーヒーを飲んでも良いというメッセージの発信に繋がりますし、気軽に飲みやすい雰囲気が生まれます。オフィスコーヒーを導入したくても上司が良い顔をしない場合は、円滑なコミュニケーションの実現をメリットに挙げると説得力が増すはずです。デスクワークのお供だけでなく、会議の際にコーヒーを飲むことができれば、気分転換をしながらコミュニケーションを図ることが可能です。両手がフリーで手持ち無沙汰だと間が持たないことがありますが、コーヒーがあれば喉を潤したり間を持たせたりと多用途に活躍します。

オフィスコーヒーには1杯ずつ抽出するタイプや大容量のタイプ、自動販売機といった種類と選択肢があり、いずれも一長一短がある傾向です。1杯抽出は小規模事業所向きで、コーヒーが苦手な人がいる場合に最適ですが、大容量タイプは中規模以上だったり来客が多い場合に適しています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です